以前、知人の中古車を扱っている業者の方に、12年乗りつぶした車を

東のジャンピエール   2017/6/15   以前、知人の中古車を扱っている業者の方に、12年乗りつぶした車を はコメントを受け付けていません。
契約や消費に関する相談を受け付けている国民

以前、知人の中古車を扱っている業者の方に、12年乗りつぶした車を下取りのため見てもらいました。ほぼ廃車同然だと言われてしまい、値段をつけてもらえるかどうか心配していましたが、車の価値は3万円でした。のちに、その車は修理を経て代車などに使われという話です。自動車保有者の全員が加入を義務づけられているのが自賠責保険ですが、この保険は還付の条件を満たしていれば自分の自動車を手放す時に保険金が戻ってくることがあります。一定の条件というのは、廃車にすることを決め、その時点で自賠責保険の有効期限が一ヶ月以上残っている状態の時です。廃車にせずに車を売却するときは還付されないのです。さらに言うと、保険金が戻ってくる場合にも勝手に振り込まれるわけではないのです。保険会社に対して自分自身で書類の手続きをして還付されるものなのです。

中古車買取業者と自分との間に起きる可能性のあるとトラブルは何個か考えることができますが、中にはとても酷いケースもあります。例えば、査定金額を表示して納得して車を手放した後になって、再チェックで問題箇所が出てきたからなどと理由を付けて売却金額を下げられてしまう事も実際にたくさん見受けられます。

もっと酷いケースになると、中古車だけ取られてお金が入ってこない場合もあるのです。このような事案に自分が遭遇してしまったら、すぐに最寄りの自治体などの消費者生活センターなどに相談に行かれることをお勧めします。査定額についてですが、人気の高い車種は査定をお願いしても高く買い取ってくれることが多いです。

代表的なもので言えば、トヨタのプリウス、ホンダのN-BOXや日産のセレナといった車種は買取でも人気のある車種です。しかし、購入当時には人気の高いクルマでも、査定の段階で人気が下がっていたとしたら、対称的に買取額が下がってしまう傾向にあるようです。

ホンダフィットは、低燃費でありながらも、パワフルな走りで楽しめる人気沸騰中の普通車です。街中でもよく目にする大衆車ですから安心感が強いですね。

この車の珍しいところは、ぱっとみは小型なのに車内は大きく広いというユーザーフレンドリーなタイプです。雨が降っている日や夜間に査定してもらうと、幾らか見積もりが高くなると言う説が世の中にはあるようです。

当然ですが夜間は暗くて、雨降りだと水滴が邪魔をして車のボディーの傷や汚れなどが見にくくなるから有利であると言う訳で夜や雨の日に見積もりした方が良いと言われるのです。

でも実際は、見えにくいからという理由で査定をアップさせるほど経験不足の査定士がいるわけではないのです。

それどころか、万が一見落としていた場合のことを考慮して、少々低めの査定額で抑えられてしまうことも充分予想できるのです。簡単な項目を入力するだけで瞬時に査定額が分かるネットの中古車一括査定サイトは、自動車を売ろうとするときにはかなり便利です。

無料一括査定サイトを利用すると直後から一気にたくさんの営業電話がかかってきますが、必要ない買取会社にはもう売ってしまったと嘘をつくことでしつこい電話攻勢も止むことでしょう。

自分の車に対して査定額が高かった何社かを選択して、「実査定」に進むようにしたら良いでしょう。

でも注意点としては、相場よりも極端に高い査定額を提示する買取会社は結局何か問題があったなどと言って、後から査定額を下げてくるかも知れませんので注意しましょう。車査定を受けるのにいい時期は、一般的に3月が良いと言われています。

どうして3月が良いのか気になりますよね。調べたところ、4月からの新生活に向けて、多くの人の生活環境が変わるため、車の需要が増えて中古車市場が大きく動く時期だからです。買取需要が増えますから、買取価格も市場の変動と共に、高めに見積もってもらえる事が多いようです。

さらにこの時期は自動車税のことも考えなくてはなりませんので、3月中に、査定を受けて買い取ってもらうのが最善だと言えます。そろそろ車の買取を依頼しようと思って、ネットで簡単査定をしてもらいました。

車は高級外車のアウディで、まだ乗り始めて5年しか経っておらず、そこそこ高い値段が付くのではないかと思っていたら、思ったよりずっと低い額を提示されて驚きました。

査定を出してくれた業者の方に実際に来てもらって事情を聞いてみると、「今はアウディでも軽自動車以下の額しか付かない」と言われたので衝撃でした。下取りにより車を引き取ってもらう場合には名義を変更する手続きが発生するので、きちんと書類を揃えとくのが必須です。

名義を変える書類や手続きの時は、自動車検査証と自賠責保険証明書、自動車税納税証明書、印鑑証明書を使います。あと、譲渡証明書に捺印するので実印も用意します。